腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、むち打ち治療などの専門家紹介ポータルサイト

全国の信頼できるスゴ技の治療家を探せる治療家紹介ドットコム

「(社)交通事故医療情報協会」認定 治療家

ならまち整骨院 院長 福島 雄介 先生 プロフィール

みやざき鍼灸整骨院 院長 福島 雄介 先生 プロフィール国家資格:柔道整復師
得意な症状:腰痛 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 スポーツ傷害



幼少から野球に打ち込み、肩やヒジを痛める経験を数多くする。その体験の中で「体の使い方が悪いと関節を痛める」という繰り返しを実体験する。

その事をきっかけにして治療家に興味を持ち、整体師となる。その後、フットケアトレーナー、ストレッチトレーナー等バランスの崩れに対する治療法を極める。その後、国家資格の必要性を痛感し、柔道整復師の資格を取得。

整体院での勤務を長年経験した後、ならまち整骨院に勤務。2014年5月に院長となり現在に至る。

治療にはAKA(関節包内矯正)とカイロプラクティック、整体術を融合した独自のNAA療法で治療に当たっている。



NAA療法(Naramachi Arthrokinematic Approach)とは

これまでの関節運動学を考慮した治療法を取り入れつつ、独自に発展させた療法。
関節機能障害に対して、関節の動きや遊び(joint play)を徒手を用いて回復させる矯正術、またはその方法。


関節運動学とは?

アメリカのマッコーネルMDが提唱した学問で、比較的新しい学問です。
1964年ジョン・マクメンネルMDが「関節機能障害」を提唱。
氏曰く、「医療機関に痛みやしびれで訪れる患者のほとんどは関節機能障害である。」と言っています。


NAA療法とは?

その「関節機能障害」に着目し、これまでの関節運動学を考慮した治療方法を取り入れつつ、独自に開発を進めてきた矯正方法。
人間の体には約200もの関節があり、関節には「関節包」といわれる関節を包む袋状の組織がありますが、この関節包の中の動きに異常はないか指先の感覚で感じ、わずかに引いたり押したりして動きの異常を元に戻す治療方法。


アメリカの関節研究専門家による長年にわたる研究結果により、関節の運動異常が痛み、しびれ等の色々な症状を出すことが分かりました。
当院では、その関節の運動異常に注目し運動学、関節運動学、神経学、関節神経学等の基礎医学に基づき、私のこれまでの臨床経験を合わせた治療方法、「NAA療法」を専門に行っています。
「関節内部のミリ単位の動きを触知する」という高度なテクニックを習得した施術スタッフが治療に当たっています。実際、この理論を理解できても、手技として技術の習得が大変むずかしく、実施できる医療機関は少ないと言われています。
当院の治療は、「むちうち、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニア、しびれなどの不調の原因は関節の運動異常にある。」という考えのもと、人間本来の正しい姿に戻す治療を行なっております。



奈良市の整骨院 ならまち整骨院
☆料金表: http://naramachi.s358.com/price/
☆HP: http://naramachi.s358.com/
☆住所: 〒631-0816
奈良県奈良市西大寺本町2-22
☆TEL: 0742-35-5803